転用について

ご利用中のフレッツ光回線はそのままで「OCN 光」へ転用できます。

すでにNTT東日本・NTT西日本の提供するフレッツ光をご利用の場合

  • 光回線はそのまま!
    光回線はそのまま
    現在、NTT東日本・NTT西日本の提供するフレッツ光をご利用の場合、工事不要※1です。転用に伴い回線の種類が変更になる場合は、別途工事費が必要となります。
  • ひかり電話もそのまま!
    ひかり電話もそのまま
    これまでご利用の「ひかり電話」「フレッツ・テレビ」「リモート・サポート」も、引き続きOCNから提供します(月額利用料金や通話料な等がかかります)※2
  • 手続きもワンステップ!
    手続きもワンステップ
    請求も、お問い合わせも、ワンストップで対応します。

転用とは?

NTT東日本・NTT西日本で提供しているフレッツ光をご利用のお客さまが、当社の提供する「OCN 光」に契約を変更することを「転用」といいます。
サービスの提供者はNTTコミュニケーションズになるため、NTT東日本・NTT西日本から転用後のサービス内容や料金については、一部変更となる場合があります。

OCNプロバイダー、フレッツ光回線、オプションサービスをひとつに!OCN光(プロバイダー+光回線)、オプションサービスにまとめられます!
  • OCN「2年割」の違約金およびNTT東日本・西日本の解約金は発生しません!OCN 光 with フレッツ、OCN 光「フレッツ」から「OCN 光」への転用にあたっては、フレッツ光およびOCNの違約金は発生しません。ただし、OCN以外のインターネット接続サービスをご利用の場合は、各社が定める違約金が発生する場合があります。
  • 転用前のOCN「2年割」の更新月は、2年自動更新型割引の更新月に引き継がれます!
    「2年割」をご契約のお客さまが、転用と同時に「2年自動更新型割引」をお申し込みの場合、転用前の「2年割」の更新月が「2年自動更新型割引」の更新月に引き継がれます。「2年割」と同じ更新月に「2年自動更新型割引」を解約すると違約金は発生しません。
    更新月以外に「2年自動更新型割引」または「OCN 光」を解約した場合には、11,000円(不課税)の違約金をお支払いいただきます。
  
  • ※1 工事が発生する場合は、後日工事内容と工事費についてご連絡します。
  • ※2 NTT東日本・西日本の「ひかり電話」「フレッツ・テレビ」「リモートサポートサービス」をご利用の場合、「OCN 光」と合わせて自動的に「OCNひかり電話」 「テレビオプション」「OCN リモートサポートサービス」に転用され、引き続きご利用いただけます(月額利用料金や通話料等がかかります)。
    この場合、提供元はNTTコミュニケーションズとなり、サービス内容や料金が一部変更となる場合があります。
    その他のオプションサービスは引き続きNTT東日本・NTT西日本から提供されます。
    (NTT西日本のセキュリティ対策ツールについては、転用後も引き続きNTT西日本からの提供でご利用いただけます。 ただし、端末台数2台以上でご利用の場合または新規でOCN 光にお申し込みの場合は、別途NTT西日本へ追加ライセンスのお申し込みが必要となります) なお、NTT東日本・NTT西日本が提供するオプションサービスを「OCN 光」とあわせてご利用の場合、利用不可または利用制限が発生する場合があります。
  • ※ 現在のご契約内容、または、NTT東日本の「思いっきり割」、NTT西日本の「光どーんと割」「光もっと2割」などの各種割引の適用状況、「OCN 光」への転用後の2年自動更新型割引の加入有無によっては、「OCN 光」へ転用した場合、月額基本料が高くなる場合があります。現在のご契約内容およびお支払金額をご確認の上、お申し込みください。
  • ※ 「OCN 光」に転用後、更に別の事業者に乗り換える場合は「OCN ひかり電話」の電話番号は変更となります。転用にあたっては各種注意事項がありますので、ご確認ください。
  •   
OCN光についてのお申込み・お問い合わせはこちら!
ページの先頭へ